アクセス便利な職場

笑顔

住宅と店舗が組み合わせられた建物のことを店舗併用住宅として呼ばれています。この場合基本的に住宅の一階部分を店とし、二階部分から住まいとしている形が多いことでしょう。また店舗併用住宅にすることでいくつかのメリットがあります。まず仕事をする場所を住宅の下にすることで通勤に掛かる時間を短縮することが可能です。さらに通勤に掛かる費用もありませんから交通費用をなくすことも出来ます。店舗併用住宅を建築する場合は、一般的な住宅とは資金など色々なことに異なりがありますから、店舗併用住宅の建築を考えているかたは、しっかり知識を得ておきましょう。

住宅を建てるにはどの場合でも資金の計画を行なう必要があります。店舗併用住宅は、店舗とする場合と住宅とした場合の費用をそれぞれ分けて考えていく必要があります。また住宅ローンとして契約を行なえるのは住まいとしている住宅部分のみですから、店舗部分のローンは新たに考えなくてはいけません。そのため建築を行なう前に金融機関としっかり相談をしておきましょう。

店舗併用住宅で店を開いた場合、近所の住民と親しい中になることで、住民の口コミからさらに顧客獲得に期待が出来るでしょう。上階部分が住宅ということで、住宅と仕事場のアクセスが良くなります。自宅に用があった場合でも、気軽に自宅へ戻れるでしょう。他の物件を借りて店を開くよりお得ですから、このようなメリットを考えた上で店舗併用住宅の建築を検討しましょう。