オフィスは借りる時代

オフィス

千代田区などにある都会のオフィス街では、賃貸オフィスと呼ばれるサービスが多くの企業に利用されています。賃貸オフィスとは、ビル内にあるオフィスを賃貸契約によって使用することができるサービスです。賃貸オフィスの利点としては、企業における費用が比較的安いことが挙げられます。貸しビルなどでフロアの一角にオフィスを構える場合、フロアの使用料のほか、オフィスに必要なOA機器や家具、さらに事業に必要な製品などたくさんのお金が必要となります。しかし、賃貸オフィスであればすでにオフィス家具やOA機器がすべて揃っているので、自分で探す手間も省けるうえ総合した初期費用も安く抑えられます。賃貸オフィスを行う多くの会社は、会社が保有しているビルの一室をレンタルします。ビルのフロアを借りられる雑居ビルなどであれば、周辺の立地条件が悪い場合もあるので、オフィスを開く場所として不適当である場合があります。雑居ビルを使用すると、他の階に出自の怪しい企業がある事も多いので、オフィスのイメージも悪くなる場合も考えられます。賃貸オフィスを使用することで、よい立地条件のビルでオフィスを開くことができるので、たくさんの来客が見込めるなどオフィスの機能を十二分に高めることができるでしょう。

賃貸物件を利用する場合、やはり気をつけたいのは家賃でしょう。同じ立地条件の家賃でも、家賃がほんの一万円でも安ければ、年間を通すことで大きな費用削減効果を得られるものです。立地条件がよく安い家賃はなかなか見つかりにくいものですが、ある程度の妥協によってよりよい物件を選べるでしょう。古くは江戸時代にまで遡り利用されてきた賃貸物件は、深い歴史があるものです。家賃は下がりにくいことが知られていますが、今後の動向として家賃は下がらざるを得ないでしょう。